平成30年4月10日掲載分

天賞
志情を蝶々結びで持ち運ぶ 那覇 前川真
地賞
公園に子供と鳩がいる平和 那覇 渡嘉敷唯正
人賞
茶柱を信じて今朝の茶を入れる 糸満 山城のぶう
奨励賞
ちっちゃな手合わせ仏壇拝む孫 北中城 宮城好博
佳作
コーラスが弾む青春手繰り寄せ 宜野湾 崎山とし子
ほめ言葉皮肉が耳に残ってる 読谷 石嶺つる子
聴診器恋の病は聞き取れず うるま 比嘉春栄
褒め言葉たとえ世辞でもあたたかい 八重瀬 小原千春
ボランティア受けた恵みのお裾分け 沖縄 垣花鷹志
まったりとコーヒータイム空も青 沖縄 比嘉典子
無免許の妻に運転指図され 那覇 新垣明美
泣き声をすぐ聞き分ける母の愛 北中城 大城勉
夢の中美空ひばりと会話する 宜野湾 池間重光
年金日健診日待つ老いの日々 那覇 屋良朝淳
足腰と頭きたえて九十才 今帰仁 長田カンイツ


天賞前川さん:志情(しなさき)はウチナー独特の表現で心情とか心持ちのことですよね。その心情を蝶々結びにするとは、なかなか奥深い作者の思いが伝わりよろしいですね。
地賞渡嘉敷さん:穏やかなこの風景こそが、大切なんですよね。
人賞山城さん:茶柱は立ったのでしょうか。余情ある作品で楽しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。