平成30年6月5日掲載分

天賞
カタカナ語罪の重さを軽く見せ 与那原 宮島玲子
地賞
人生もビデオも裏が面白い 糸満 名嘉真静子
人賞
良く当たる天気予報に願かける 那覇 渡嘉敷唯正
奨励賞
インとオフ使い分けてる妻の愛 八重瀬 小原千春
佳作
恙無く空気のようになる二人 糸満 伊佐真行
金網の中でシーミーする故郷 那覇 後盛秀行
ポジティブに生きて明日を呼んでみる 読谷 高良秀光
紛争の火種名人トランプ氏 宜野湾 小浜廉市
高速路ど真ん中での鳩の恋 那覇 禱モモト
お花見もテレビで済ませ春は行く 那覇 大城光代
八十路過ぎ足腰までが定休日 那覇 仲本安一
共白髪他の夫婦は美しい 南風原 宮城睦子
眠れないそのうちずっと眠れます 沖縄 垣花鷹志
抱き癖をつけないように妻を見る 那覇 上原松栄
老人は都合悪けりやボケたふり 豊見城 比嘉芳江


天賞宮島さん:そうですよね。「セクハラ、パワハラ」等、カタカナ語はその事態の深刻さを軽く見せているようにも感じますよね。良い見つけです。
地賞名嘉真さん:人生とビデオの取り合わせが効いています。いったいどんな面白さだったのでしょう。
人賞渡嘉敷さん:読者の共感句でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。