平成30年6月12日掲載分

天賞
なあんにも喋らないけどいてほしい 八重瀬 森山文切
地賞
欠伸でる講演会もお付き合い 読谷 島尻卓
人賞
ふりがなのように夫が付きまとう 那覇 宜寿次均
奨励賞
いつ死ぬか分かればひとり美酒を飲む 那覇 友寄英雄
佳作
恋いこがれ胸に火傷の跡残す 宜野湾 高橋けい子
手際よく処理するあなた惚れ直す 那覇 池村幸夫
孫生まれ嫁との絆太くなる 宜野湾 安里國基
感謝デーポイント五倍客を呼ぶ 那覇 上原とよ子
土地改良行きつ戻りつ里の墓 宜野湾 崎山とし子
老人のよちよち歩き笑う孫 沖縄 桑江彩雲
バイキング痩せる話に無我夢中 うるま 伊波清峰
値引きする閉店前に客が増え 沖縄 比嘉典子
もう止めてうそ方便の永田町 那覇 山城東雄
孫寝かすチークダンスのような腕 那覇 仲田恵司
スーパーで行事教わる里の味 那覇 世良則子


天賞森山さん:そうですね。若い夫婦よりも、老後の二人にとっては特にしみじみ感じるのではないでしょうか。
地賞島尻さん:興味もないのにお付き合いで行く講演会ほど、退屈なものはないですよね。あっちこっちで欠伸していたりとか・・・。
人賞宜寿次さん:「ふりがな」が効いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。