平成30年7月10日掲載分

天賞
親の恩いくら積んでもまだ足りぬ 那覇 上原とよ子
地賞
逆風も堪えて堪え抜き五十年 今帰仁 長田勘逸
人賞
予報には無い沖縄にヘリが降る 糸満 山城のぶう
奨励賞
モノ忘れ今日もまじめにメモをとる 那覇 なかそね一
佳作
二人とも補いあって愛つのる 糸満 玉城堅義
高齢者笑顔が集う年金日 沖縄 桑江彩雲
車座にあだな飛び交う同期会 北中城 高松呑海
子が巣立ち母は女へ身繕い 宜野湾 崎山とし子
プリキュアになれる道具を買わされる 八重瀬 森山文切
核家族共に気づかう愛を持ち 宮古島 安谷屋郁
落ち目ぎみ昔はモデルFカップ 知名町 轟博美
裸芸見たくないけどしかと見る 那覇 禱モモト
近頃の噂スマホがするらしい 沼津 木俣邦捷
また会おう言ったことすら忘れてる 南風原 宮城睦子
朝帰り代償重い吊し上げ 沖縄 村山治慶


天賞上原さん:そうですよね。よく親の恩は「山よりも高く、海よりも深い」と、言われますね。中七の「いくら積んでも」が効いています。
地賞長田さん:「堪えて堪え抜き」の繰り返すリフレインがより内容を強めてよろしいですね。
人賞山城さん:逆説的にヘリが降る予報もあるとよいのですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。